アドリブは適当にやってできるようになるのか?

僕がある時サックスの生徒の方に
「何かできるようになりたいことはありますか?」
と聞いたところ
「アドリブをできるようになりたい」
と言うので
「ではチャレンジしてみましょうよ!」
と聞いたところ
「いや、自分にはその資格がないので諦めています。
と言っていて衝撃を受けました。

あまりに衝撃的なだったので、
「なぜアドリブをやる資格がないと思うのですか?」と聞いたところ、面白い話を聞けたのでお伝えしたいと思います。

先輩の呪いの言葉「アドリブなんて適当だよ」

実はその方は僕に習い始める前に、自己流でいろいろ錯綜で練習していたらしく、その頃に同じバンドでお世話なっていた先輩がいたそうです。

その先輩は割とアドリブができる方だったので、その先輩に
「アドリブってどうやったらできるようになるんですか?」
と聞いたところ、
「アドリブなんて適当だよ」
といわれたそうです。

その言葉に生徒さんは
「適当にアドリブができない自分にはセンスが無い。だからアドリブをする資格なんてないだ…」
と思って諦めてしまっていたそうです。

最初から「適当にアドリブ」が出来た人なんて存在しない

まず大前提として、楽器を持った瞬間から適当にアドリブが出来るようになった人なんて存在しません

どんな人もほとんど全ての人が以下の手順を踏んでアドリブができるようになります。

アドリブができるようになるまでの過程

  1. 最初に楽器の練習をして、ある程度楽器が演奏できるようになる
  2. コードについて勉強する
  3. リズムパターンを学ぶ
  4. 自分だけでアドリブを練習する
  5. ある程度できるようになったらセッションにいく
  6. アウトプットが固まってきてしまったら、さらに高いレベルのフレーズや音使いを学ぶ
  7. またそれを自分の中にインストールするために散々練習をする
  8. またセッションにいく…

ただ、アドリブ入門者からすると、こんな過程が存在することがわかっていません。

アドリブができる先輩的な立場の人から「アドリブなんて適当だよ」と言われると、「アドリブって適当にできるものなんだ…」と言葉のまま信じてしまう素直な人が一定数いるのです。

なぜ先輩は「アドリブなんて適当だよ」と言ってしまうのか

実は「アドリブは適当に思いついたことを演奏できる状態になる」ということが一つのゴールです。
僕はもう少し具体的に、アドリブは以下の三つのプロセスを踏んでいると説明しています。

アドリブのプロセス
1.鼻歌
2.音符化
3.演奏

ちなみに実際に演奏するときは1.鼻歌→3.演奏が直結している必要があります。
鼻歌を無意識に演奏できるようにするために、アドリブの練習をするわけですね。

するとアドリブのことわかっている人からすると「自分の鼻歌なんて適当に歌っているものだ」と認識しているので、
「アドリブなんて適当に思いついたもの演奏すればいいんだよ」
となってしまうのです。

先輩方には「アドリブはとりあえず歌えばいいんだよ」と言ってほしい

「アドリブなんて適当だよ」という言葉は非常に曖昧で、解釈次第でチャレンジの気持ちを削ぐので、本当にやめてほしいと思っています。

一方で、「アドリブはとりあえず歌えばいいんだよ」という言葉は次にやるべきアクションがある程度明確になっています。

もし責任をもって自分が教えられないのであれば、
「アドリブは正しい努力をすれば確実に取れるようになるものだから、きちんと先生に習うといいよ。例えば○○先生(自分の先生でもいい)に、アドリブを教えてもらえば?」
と付け加えて欲しいのです。

アドリブのやり方は楽器が違っても基本的には同じなので、いい先生に教えてもらうことはかなり価値があります。
もちろん習う人と同じの楽器の先生の方が、細かいニュアンスや楽器の使い方についても伝えられるので効率的なのは言うまでもありません。

アドリブを始めるためのファーストアクションとは?

「アドリブができるようになるために必要な要素を挙げろ」と言われたらたくさん出てきますが、一つだけ挙げろと言われたら僕は「好きなプレイヤーのソロを注意深く聞きながら歌で真似すること」と答えます。

これは真面目にやると耳コピ&完コピするということになるのですが、そこまで完璧にやらなくても充分効果はあります。

好きなプレイヤーのソロが耳に残るようになってきたら、カラオケ(マイナスワン)をかけながら、そのプレイヤーになりきったつもりで鼻歌を歌って録音してみたらいいと思います。

意外と結構いいアイデアを持っている自分に出会えると思います。
俺は鼻歌に当たるので、これを音とかし演奏してみるとまた自分の演奏の善し悪しが見えてくると思います。

ぜひトライしてみてください!

アイデア募集中

他にもたくさんのアドリブを始めるためのファーストアクションはあると思うので、いいものがあったらぜひTwitterなどで教えてください!

本当に最短ルートで
上手くなりたいなら

ここまで読んでくださってありがとうございます!

SaxHackのオンラインレッスンなら、この記事を読むのと同じ時間で、動画で直感的に理解できます。

記事の拾い読みを続けることはお勧めできません。
大切なのは目的に沿った実践的確なフィードバックを得ることです。
自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。

SaxHackは「サックスを楽しみたい全ての人が、確実に上達できるサックスレッスン」を行っています。
そのために、レッスンの費用・場所・時間のハードルを極限まで下げました。
必要なのは「上手くなりたい気持ち」だけです。

もし「最短ルートで上手くなりたい」思いが少しでもあったら、SaxHackのレッスンを試してください。

>サックスが最速で上達するレッスン

サックスが最速で上達するレッスン

「成長を実感するから毎日練習が楽しいです!」
生徒さんから一番頂いた嬉しい言葉です。

どうすれば最短ルートでかっこよく吹けるようになるのかを
講師たちがとことん考え、レッスンを常に改善しています。
一日でも早く、楽しく・思い通りに・かっこよくサックスが吹ける日を迎えるために、ぜひ一度Sax Hackのレッスンを体験してみてください。

すべてのレッスンはノーリスクで体験できます。

CTR IMG