NO IMAGE

サックスの音程で高くなりやすい音と低くなりやすい音、 どう調整すべきですか?

高くなりやすい音と低くなりやすい音、どう調整すべきですか?

低くなりやすい音に音程を合わせておくのがおすすめ

確かにサックスは音によって高いくなりやすい音、低くなりやすい音がありますね。

例えばレやミは高くなりやすいですし、ラやシは低くなりやすいですね。

動画でもお伝えしていることですが、サックスは高くすると音が潰れてあまり良い音ではなくなってしまうので、低くなりやすい音に音程を合わせておくのがおすすめです。

チューニングをする時は、実音のBb(アルトのソ、テナーのド)や実音のA(アルトのファ#、テナーのシ)で調整することが多いと思います。

この時に出された音でチューニングをした後、その音を根音として分散和音を少しだけ吹いて、全体のバランスもチェックしています。

例えばBbが出されたら、D(アルトのシ、テナーのミ)やF(アルトのレ、テナーのソ)を吹く感じですね。

吹奏楽のチューニングではあまり見ないですが、オーケストラのチューニングではよく見ますよ。

質問を受けた動画

https://youtu.be/u-CK1HaZing

本当に最短ルートで
上手くなりたいなら

ここまで読んでくださってありがとうございます!

SaxHackのオンラインレッスンなら、この記事を読むのと同じ時間で、動画で直感的に理解できます。

記事の拾い読みを続けることはお勧めできません。
大切なのは目的に沿った実践的確なフィードバックを得ることです。
自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。

SaxHackは「サックスを楽しみたい全ての人が、確実に上達できるサックスレッスン」を行っています。
そのために、レッスンの費用・場所・時間のハードルを極限まで下げました。
必要なのは「上手くなりたい気持ち」だけです。

もし「最短ルートで上手くなりたい」思いが少しでもあったら、SaxHackのレッスンを試してください。

>サックスが最速で上達するレッスン

サックスが最速で上達するレッスン

「成長を実感するから毎日練習が楽しいです!」
生徒さんから一番頂いた嬉しい言葉です。

どうすれば最短ルートでかっこよく吹けるようになるのかを
講師たちがとことん考え、レッスンを常に改善しています。
一日でも早く、楽しく・思い通りに・かっこよくサックスが吹ける日を迎えるために、ぜひ一度Sax Hackのレッスンを体験してみてください。

すべてのレッスンはノーリスクで体験できます。

CTR IMG