NO IMAGE

座っているときにサックスを前で構えても問題無いですか ?

座っているときにサックスを前で構えても問題ないですか?

座っているときにサックスを前で構えても問題ないですか?
学校で座っている時も前で構えるように言われたのですが、前で構えても、問題無いですか?

アルトサックスは問題なし!テナーサックスを前で構えるのは、女性はおすすめしません

結論からいうと、前で構えても楽器の構造上、身体の負荷共に問題ありません。

前で構えると、ソロなどで立って吹く時にマウスピースを曲げる必要が無くなり、スムーズに立ち座りができるメリットがあります。
また、サックス自体はもともと立って吹くことを想定して設計されているため、立って吹くことに合わせたほうが息を素直にいれやすいと思います。

息が真っ直ぐ入るようになりますので、音量が少し大きくなったり、モワッとした感じが少し緩和されます。
ただ、音色の違いはそこまで大きく変わらないので根本解決にはなりません。
音色を改善したいのであれば、アンブシュアや息を入れる向き、ブレスの取り方を改善するほうが効果があるので、構え方に過度に期待しないようにしてください。

また、アルトサックスの場合は、前に構えるのはマウスピースとネックの向きを変えるだけでできるので、それほど難しくありませんが、テナーの場合は少し工夫が必要になります。

テナーサックスを前で構えるためには、マウスピースとネックの向きはもちろんですが、脚の間に楽器を挟む形になり、右手が右太ももに当たってしまい、指遣いに支障が出ます。
手が脚に当たらないようにするために、テナーサックスを前で構える時は、右脚を右斜め40°くらい広げると、指遣いに問題は出なくなります。

ただ、女性がテナーサックスを前に構えて座ると、スカートのときに問題が出たり、ズボンだったとしても不快感を感じる聴衆がいることがあるので、おすすめしません。

前向きに構えると色々とメリットもあるので、一度試してみると良いと思います。

本当に最短ルートで
上手くなりたいなら

ここまで読んでくださってありがとうございます!

SaxHackのオンラインレッスンなら、この記事を読むのと同じ時間で、動画で直感的に理解できます。

記事の拾い読みを続けることはお勧めできません。
大切なのは目的に沿った実践的確なフィードバックを得ることです。
自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。

SaxHackは「サックスを楽しみたい全ての人が、確実に上達できるサックスレッスン」を行っています。
そのために、レッスンの費用・場所・時間のハードルを極限まで下げました。
必要なのは「上手くなりたい気持ち」だけです。

もし「最短ルートで上手くなりたい」思いが少しでもあったら、SaxHackのレッスンを試してください。

>サックスが最速で上達するレッスン

サックスが最速で上達するレッスン

「成長を実感するから毎日練習が楽しいです!」
生徒さんから一番頂いた嬉しい言葉です。

どうすれば最短ルートでかっこよく吹けるようになるのかを
講師たちがとことん考え、レッスンを常に改善しています。
一日でも早く、楽しく・思い通りに・かっこよくサックスが吹ける日を迎えるために、ぜひ一度Sax Hackのレッスンを体験してみてください。

すべてのレッスンはノーリスクで体験できます。

CTR IMG