タンギングの種類はいくつある?サックスのタンギング基礎とコツ

タンギングにはいくつ種類がある?

一般的に知られている代表的なタンギングは以下の3つでしょう。

  • レガートタンギング
  • アクセントタンギング
  • スタッカートタンギング

そして特殊な表現方法として、以下の4つがあります。

  • ハーフタンギング
  • スラップタンギング
  • ダブルタンギング
  • フラッタータンギング

基本的な演奏は、最初の3つができれば十分だと思います。

この3つに加えて、黒人音楽特有の人間の声のような豊かな表現をするためには、ハーフタンギングは欠かせません。

ですので、基礎として習得すべきタンギングは以下の4つと言うことになります。

  • レガートタンギング
  • アクセントタンギング
  • スタッカートタンギング
  • ハーフタンギング

この4つのタンギングができれば、だいたいの表現ができるようになり、かっこいい演奏ができるようになります。

タンギングの種類は無限にあると考えるべき!

先ほど「サックスのタンギングの種類は7種類」と書きましたが、厳密にこの7種類に縛られてしまうのは良くないと思います。

僕がサックスの師匠から言われたことで、とても印象に残った言葉があります。
「タンギングの種類は音の数だけ有る」ということです。

この言葉を聞いたときに、僕はサックスはタンギングが一番重要なんだと確信しました。

SaxHackのレッスンで
確実に上達しませんか?

僕たちは、SaxHackを便利に使って今までに無い速度でサックスが上達して欲しい!と考えています。

そのために重要なのは「上達のための知識を得ること」だけではなく「現状を把握すること」です。

自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。

SaxHackでは自分の現状を把握してもらうハードルを下げるために、通信レッスンに無料体験期間があります。

どんなプランを提供しているのか、ぜひ一度覗いてみてください。
今の現状に合うプランが必ずあるはずです。

>サックスが最速で上達するレッスン

サックスが最速で上達するレッスン

「成長を実感するから毎日練習が楽しいです!」
生徒さんから一番頂いた嬉しい言葉です。

どうすれば最短ルートでかっこよく吹けるようになるのかを
講師たちがとことん考え、レッスンを常に改善しています。
一日でも早く、楽しく・思い通りに・かっこよくサックスが吹ける日を迎えるために、ぜひ一度Sax Hackのレッスンを体験してみてください。

すべてのレッスンはノーリスクで体験できます。

CTR IMG