マイナーペンタトニックのファとドが渋い雰囲気を出している?

Q. マイナーペンタトニックのファとドが渋い雰囲気をだしている…?

ナチュラルのファとドがブルーノートで渋い雰囲気を出しているのですね。いままで、音の制限があったのは、そのいずれかを含むという上での課題だということが分かりました。

A. Do Me FaのFaとSo Te DoのDoには独特な響きがあります!

この響きの感覚を感じ取っているのが素晴らしいですね!

ただ、ブルーノートという言葉は使い方が間違っているので少し解説しますね。

でも凹まないで下さい💦こういう勘違いや理論とのズレは誰にでもあることなので!

ブルーノートとは?

まずブルーノートは一般的にいうと、♭3、♭5、♭7を指します
移動ドで表すとMe、Se、Teです。

SoundQuest

Information 今回は「メロディラインの技法を知る」回です。 ここではブルース、ジャズ、ロックといったジャンルに…

そして今回取り組んでいるのはマイナーペンタトニックスケールで、移動ドで表すと

Do Me Fa Sol Te Do

です。MeとTeのブルーノートが含まれているのがわかりますね。

また、マイナーペンタトニックと似たスケールでブルーススケールがあります。

ブルーススケールはマイナーペンタに♭5が足されたものです。

ブルーススケールを音感で表すと

Do Me Fa Se Sol Te Do

で、Se(♭5)が足され、全てのブルーノートMe Se Teが含まれているのがわかりますね。

FaとDoの渋い雰囲気

一般的にはMe、Se、Teに対して暗い雰囲気を感じるためMe、Se、Teをブルーノートと呼びますが、流れで使うとその後のFaやDoからも独特な雰囲気を感じとることができます。

「渋い雰囲気」というのは鋭い感覚で、

Do Me FaのときのFa

Sol Te DoのときのDo

を聴いて音の繋がりによる独特な雰囲気を感じとったのだと思います。

こういう感性はとても大事(自分だけの感覚で正解は自分の中にしか無い!)ので、自分の感性を信じて感覚を覚えていくことはとても良いことです!

感じ取った音の感覚を、次のアドリブに一つ一つ活かしていくことが、アドリブ上達のとても大事なポイントなので、ぜひ上手く使ってみてください!

SaxHackのレッスンで
確実に上達しませんか?

僕たちは、SaxHackを便利に使って今までに無い速度でサックスが上達して欲しい!と考えています。

そのために重要なのは「上達のための知識を得ること」だけではなく「現状を把握すること」です。

自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。

SaxHackでは自分の現状を把握してもらうハードルを下げるために、通信レッスンに無料体験期間があります。

どんなプランを提供しているのか、ぜひ一度覗いてみてください。
今の現状に合うプランが必ずあるはずです。

>サックスが最速で上達するレッスン

サックスが最速で上達するレッスン

「成長を実感するから毎日練習が楽しいです!」
生徒さんから一番頂いた嬉しい言葉です。

どうすれば最短ルートでかっこよく吹けるようになるのかを
講師たちがとことん考え、レッスンを常に改善しています。
一日でも早く、楽しく・思い通りに・かっこよくサックスが吹ける日を迎えるために、ぜひ一度Sax Hackのレッスンを体験してみてください。

すべてのレッスンはノーリスクで体験できます。

CTR IMG